>
08 << 2017/09 >> 10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-10-21 (Tue)
かつてのベーグルレッスンの生徒様、akikoさんから
とっても嬉しい贈り物をいただきました。
大阪土産の、551蓬莱の豚まんと餃子。

お料理をするのも大変な今の私にとって
どんなにどんなに助かり、嬉しいことでしょう。



程よいサイズの豚まんは、おやつにペロリ。
美味しい。美味し過ぎる。
身体もですが、それよりも心がじんわりと温まります。

2014-10-20_6717.jpg

餃子は、早速夕食のおかずに。
奇跡的に娘からお呼びがかからず、綺麗に焼けて嬉しい♪

2014-10-20_6722.jpg

ただ一度、私のベーグルレッスンへ来てくださったご縁を
こんな風にいつまでも大切にしてくださって
身に余るほどの幸せです。

どうもありがとうございます☆


スポンサーサイト
| お料理 |
2014-09-20 (Sat)
昨晩は、ちょうど実家の父も夕食がいらないとのことで、母が誘ってくれて
母、娘、私の3人で夕方近所に食事に出かけました。

そう言えば、娘を連れて夕食を外で食べたのは初めてかな。
そんなささやかな進歩が嬉しい。

でも、そろそろ机の上のものに手を伸ばす時期になって来たので
またしばらく外食はお預けな予感もしました。



そんなわけで、昨日出番がなかった常備菜は、翌朝の朝食に。
お味噌汁があれば完璧だったけれど・・
和のお弁当風なワンプレートごはんでした♪

| お料理 |
2014-09-19 (Fri)
赤ちゃんとの生活では、食事づくりがとっても大変。

特に娘はお昼寝をあまりしないので、なかなか昼間にお料理することが出来ず
毎食何品も作るのはとても難しいので、こんな時こそ常備菜に頼ります。

娘の寝た後で、夜毎一品。
3〜4日はもつ量を作り置きします。



今あるのは、牛蒡と豚肉のしぐれ煮、かぼちゃの煮物、ひじきの煮物。

ありきたりのものですが、
こんな素朴な和食が大事だと痛感する今日この頃。
今夜は夫がいないので、これにご飯とお豆腐でもあれば
私にとって十分満足な夕食になるかな。


ちょっと切って煮る、それだけのことが
こんなに(昼間に)できなくなるなんてビックリです。

でも、前は娘を寝かしつけたら一刻も早く自分も寝たかったけれど
その前に何かをする少しの余裕を持てるようになったのは、
しみじみ嬉しい、ささやか過ぎる幸せです。


| お料理 |
2013-07-22 (Mon)
夏野菜祭り真っ盛りの中で、私が若干頭を痛めるのが、キュウリ軍団さんの扱い。



トマト・ナスなど加熱できるものは、煮詰めたり火を通して冷凍したりと
保存をきかせることが出来ますが、
生食が基本のキュウリはお手上げです。

しかし、お料理上手なブロ友さん、eichanさんは
キュウリを炒めたりすりおろしたり、色々な調理法で召し上がるのだそう!

私の育った環境では、キュウリを加熱して食べる習慣が一切ありませんでした。

だから、炒めるとどんな感じになるのかとても想像がつかなかったのですが、
しんなりすると少しはかさが減って量を食べられるのかな〜と思い
思い切って挑戦してみることに。

ニンニク・ベーコンを先に炒めて
そこへやや厚めにスライスしたキュウリを投入。
う〜ん、慣れないので何だか不思議な光景だわ。

2013-07-22_5340_edited-1.jpg

キュウリから水分が出て水っぽくなるのでは、と思い
予め軽く塩揉みして水気を切っておいたので、ほぼ水分は出ませんでした。

粉末こんぶ茶とお醤油で味付けし、パスタと和えれば
キュウリとベーコンのペペロンチーノの出来上がりです。
(最近パスタばっかりですね 笑)

2013-07-22_5357_edited-1.jpg

冷製サラダ仕立てではなく、温かいパスタ。
そこへキュウリさんがいることは、やっぱり何だか不思議な気分!

でも食べてみましたら・・・あれ?全然違和感ない!!
な〜んだ!ありなんですね、キュウリを炒めるって。

食に保守的な男子には向かないと思われますが、
私は完全に概念覆されました!

おかげでキュウリ2本分をペロリと完食。
その分パスタは少しで済んで、まるでキュウリダイエットみたいでした。


前回のミートソースもそうでしたが、こんな風に
ブログを通してみなさんからアイディアをいただけて
自分の食文化の幅を広げていくことが出来るのは、
とっても嬉しいことだなと思います。

いつも刺激をくださるみなさま、訪れて読んでくださるみなさま、
温かいお声かけしてくださるみなさま、本当にどうもありがとうございます。
おかげさまで、このブログも始めてから丸2年が経ちました。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします♪

*夏の小さな幸せ*

ダイニングの私の席の正面にある窓からは
窓辺に風鈴を吊るした建物が遠くに見えます。

2013-07-22_5364_edited-1.jpg

その程よい距離により、時折風に乗ってかすかな風鈴の音色が耳に届くのは
何とも心地よく、しみじみとした幸せを感じさせてくれます。
この家に住んで何年も経った頃、仕事を辞めて昼間家にいるようになり
初めてそれに気付いた時には感動したものでした。

お互いの窓が開いており、周りが静かな時だけに訪れる、
密かな夏の風物詩です♪


いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| お料理 | COM(16) | TB(0) |
2013-07-19 (Fri)
先日の夏野菜祭りの記事で、ラタトゥイユを作ったことを書いた時、
いつも遊びに来てくださるputtemamaさんが
「ラタトゥイユを砕いてミートソースにしても美味しいですよ♪」
と教えてくださいました。

正直、たっぷり作ったものの、自分一人ではどうにも飽きて来そうだな・・
と思っていたので、何と言うグッドアイディア!!と大感激。

それ以来、ミートソースパスタが無性に食べたくて仕方がなくなったので、
早速作ってみることにしました!!


まずはオスタライザーのブレンダーで、ラタトゥイユを荒めのピューレに。
これをトマトピューレとして使えばいいことですものね!
なぜ今まで思い付かなかったんだろう。



あとは普通のミートソースのように、ひき肉と玉ねぎを炒めて

2013-07-18_5274_edited-1.jpg

さきほどのピューレを投入。
さすがにそれだけでは味が薄いので、
トマトペーストやウスターソースなどで味を調えました。

2013-07-18_5276_edited-1.jpg

しばらくグツグツ煮込めば、完成!

2013-07-18_5283_edited-1.jpg

お野菜たっぷりの、スッキリした味わいのミートソースになりました♪
でも、既にじっくり煮込まれてあった夏野菜の旨みは健在です。

夫も食べるのでトマトの存在を前面に押し出せず、色合いはやや地味ですが。

2013-07-19_5299_edited-1.jpg

こんな風に、一つのお料理から他のメニューに展開できると
主婦としてはとっても得した気分ですね!
教えてくださったputtemamaさん、どうもありがとうございました☆

*今日のリバティコースター*

ピンクのDマグに、ピンクのムーンモスを合わせました♪

2013-07-19_5329_edited-1.jpg

やっぱりピンクは無条件の可愛さで、元気が出ます!


アメリカでも記録的熱波とのこと。
どなたさまも、体調に気を付けて楽しい週末を過ごされますように!!


いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| お料理 | COM(18) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。