>
05 << 2017/06 >> 07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-11-18 (Wed)
10月のことですが、久しぶりにフランス菓子教室へ伺うことが出来ました。

娘が生まれてからは、初めてのお教室。
長時間はまだ少々心配なので、先生のデモのみのティータイムクラスに参加しました。

教えていただいたのは、秋らしい栗の焼き菓子2種類。

栗のパウンドケーキと


パレ・オ・マロン・ショコラ
2015-10-18_8658.jpg

娘の授乳期も終わったので(娘、何の執着もなく1歳2カ月であっさり卒業)
バターやアルコール、カフェインも問題なし!
久しぶりに、律子先生のフランス菓子たっぷりのティータイムを楽しみました♪

2015-10-18_8659.jpg

衝撃的な美しさに、目が釘付け!!
2015-10-18_8663.jpg

何と言うか、素材のよさに加え、丁寧さや真心といった温かなものが心に沁み入って
泣けて来るような美味しさでした。

律子先生、どうもありがとうございました。

こんな豊かな時間を娘と一緒に持てるようになることが
今は果てしなく遠い夢のように感じます(笑)

スポンサーサイト
| お菓子作り |
2015-02-03 (Tue)
ず〜っと前にもご紹介したことのあるお菓子ですが。
久しぶりに、アップルケーキを焼きました。

昔から、りんごの季節に母がよく焼いてくれた素朴なケーキ。

シナモンの効いた甘い生地と紅玉の爽やかな酸味のコントラストが絶妙で
子どもの頃は、姉と奪い合うように食べていたものでした。



母も、お友達から教わったと言っていたので
我が家のオリジナルという訳ではないのですが、
同じようなケーキを他で見たことがなく、
また、どなたに差し上げても好評なので
私にとっては自慢の母の味でした。

そんな温かい気持ちになれる味があるって、とっても幸せなことで
例えば母と離れることがあっても、
それは私を支える強力な生きる力になるわけで・・・

だから、私も娘にとってそんな心の栄養になる味を
たくさんたくさん作っていきたいなぁと思うのです。





| お菓子作り |
2013-11-26 (Tue)


久しぶりに、フランス菓子教室へ伺うことが出来ました。

参加したのは先生のデモのみのティータイムクラスで、
キャヌレ・ドゥ・ボルドーを習いました。

お店のものと何ら変わりない、いえそれ以上の美しい仕上がりに、改めて感激。
お味ももちろん絶品。
外側がカリッと香ばしい本来の美味しさは、作り立てならではですね!!

2013-11-23_5827_edited-1.jpg

久しぶりにゆったりとした、心豊かな時間を
どうもありがとうございました☆

| お菓子作り |
2013-07-26 (Fri)


7月のフランス菓子教室では、シャルロット・ポワールを教えていただきました。

この形は、3月のシャルロット・フレーズと同じですが
中が洋梨のババロアで、リボンも夏らしく爽やかな水色になっています。
それだけで、かなり印象が変わりますね!

2013-07-25_5534_edited-1.jpg

こちらは、先生の作品。いつ見ても心打たれる美しさです。
これが、目の前のデモで一から出来ていくところを見られるのですから・・・
それだけでも学ぶことが多く、価値のあることだと思います。

このシャルロット生地の絞りも2回目なので、前回よりはスムーズにできました。
といっても、かなり大胆で大雑把の私、どんどん適当に進めてしまうので
横で慎重に美しく進められるSさんとは大違い。
つくづく、性格が出るな〜と思いました(苦笑)

このお菓子は、結構作業工程が多く、気を遣う点もたくさんある方だと思うのですが、
律子先生が学ばれた代官山の「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」では
なんと体験レッスンのメニューとなっているそう!!

こんな高度で本格的なお菓子が最初に出て来たら、
私だったら気後れしてその後のレッスンが心配になってしまいそうですが・・・

これを経験して「よ〜し!頑張ろう!!」って燃えた志の高い方が
きっとそこでは学ばれているのだろうなぁと思いました。
(私は、律子先生のお教室で、手軽なのに最高に美味しいフィナンシェを
 最初の体験レッスンで教えていただけてよかった♪)

2013-07-25_5531_edited-1.jpg

この日のテーブルは、スッキリしない空模様も忘れるような、涼やかな水色と青!
心に涼風が吹き抜けていくようだわ〜♪

洋梨のババロアのシャルロットも、冷たくてとっても爽やかな味わいで
この時期にピッタリのお菓子でした☆
フランボワーズソースもよく合って美味しかったです!

2013-07-25_5546_edited-1.jpg

私の帽子さんも、水色のリボンを結ばれて澄まし顔♪
少々のぽこぽこの不揃いも、カットすれば分からないので、まぁいいとしましょう。

2013-07-25_5579_edited-1.jpg

律子先生、Mさん、Sさん、今月もどうもありがとうございました。
また来月もよろしくお願いいたします☆

みなさま素敵な週末を!!


いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| お菓子作り | COM(12) | TB(0) |
2013-06-24 (Mon)
今年もCOSTCOで、大好きなレイニアチェリーが買える季節がやって来ました。

一般的なアメリカンチェリーと比べるように試食が用意されていたので、
COSTCOとしても、このレイニアチェリーの美味しさをアピールしたいよう。
「普通のスーパーでは売っていませんよ〜
 デパートなどであったとしても、何倍ものお値段しますよ〜」と言っていました。



それでもフルーツにしてはいいお値段なので、年1回の贅沢です。
正直、本場アメリカで買って食べる味にはさすがに及びませんが、
日本で食べられるだけでも、とってもありがたくて嬉しい♪

2013-06-24_4459_edited-1.jpg

さて、この時期だけ登場するキッチングッズが、チェリーストーナー。
さくらんぼの種を取る道具です。

2013-06-24_4421_edited-1.jpg

ある時テレビでパティシエさんが使っているのを見て憧れたのですが、
その直後、たまたまデパートのキッチンズッグ売り場で見付けたので
嬉しくて思わず買ってしまったのでした。

チェリーの実をセットして・・・

2013-06-24_4443_edited-1.jpg

ホチキスのように、ガシャン!と挟むと

2013-06-24_4448_edited-1.jpg

あっという間に、種を取り除くことが出来ます!

2013-06-24_4458_edited-1.jpg

オリーブの実にも使えますが・・・
わざわざそれだけのために???って感じの
こんな限られた用途のキッチングッズが結構好きなのです♪

こうして、いくつかのチェリーの種を取り・・・

2013-06-24_4474_edited-1.jpg

レイニアチェリーパンケーキを焼きました♪

2013-06-24_4483_edited-1.jpg

生地の中にも入っていますが
飾りのチェリーも種が取ってあると食べやすいです!

あ〜・・・こんなにたっぷり味わえる贅沢、本当に今だけです。
夏のアメリカ行きの夢に暗雲立ちこめている今、
一層大事に大事にいただきたいと思います♪


いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| お菓子作り | COM(18) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。