>
04 << 2017/05 >> 06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-11-20 (Tue)
今日は、かご作りのことを書きたいと思います。

アクセス解析でブログ訪問者の検索キーワードを見ていると、
毎日のように、たくさんの方が「籐かごの編み方」「紅籐かご 材料」といった
かご作り関連で訪れてくださっていることが分かります。

最近はナチュラルインテリアブーム等の影響で、かご人気は高まっているものの
籐手芸は流行っていないようだと思っていたのですが、
案外自分で作りたいと思っている方はたくさんいるんだなぁと驚くばかりでした。

同時に、せっかく私のブログにたどり着いてくださったのに
最近ではあまり作っていませんし、
作り方などのお役立ち情報を載せているわけでもないので
きっとお役に立てなかっただろうなぁと、申し訳ないような気持ちにもなっていました。

そんな時、直々にお問い合わせのメッセージをくださった方がいらっしゃいまして、
それならば、少しでも参考にしていただける記事を書こう!と思い立ったのでした。

私が籐手芸と出会ったのは、中学生の時のクラブ活動で、
その頃は世間でも籐手芸の人気があったようで、本もいくつか出ていました。
当時すっかりはまった私が、もっと編みたい!と買ったのが、この本です。

DSC_0014-003_20121119161737.jpg
「かわいい籐手芸」 日本ヴォーグ社 谷川榮子著 (残念ながら絶版のようです)

この本は入門書で、小さな小物類から大き目のかごの編み方まで載っていますが、
1年ほど前に籐手芸を再開した時、もっとバリエーションを広げるため
別の本が欲しいと思いました。

しかし、近年は籐手芸人口が少ないらしく、本はほとんど出版されていません。

そこで探しましたよ、こんな時のBOOK OFFです!

DSC_0017-004.jpg
左 「やさしく作れて楽しい籐手芸」 日本ヴォーグ社 谷川榮子著
  (前述の本と同じ著者であることに今初めて気付く)
右 「はじめて作る籐手芸」 雄鶏社 真木雅子著

どちらも初版は30年以上前で、今は絶版のようです。
デザインはレトロですが、かごの編み方の基礎は今も昔も変わりませんし
様々な編み方が丁寧に載せられているので、とても参考になります。

中古本ショップ、それからもしかしたら図書館にも
こういった本が残っているかもしれませんので、
教本をお求めの方は探してみるとよいと思います!

次に、材料となる籐の入手先ですが、
丸芯の籐は多くの手芸材料店に置いていると思います。
私はユザワヤさんで購入しました。

紅籐は、日本では品薄で手に入りにくくなっているようです。
私は、With a Rattanさんで何度かお世話になりましたが、今は取り扱っていません。
小西貿易株式会社さんでも、取り扱うこともあるけれど不定期のようです。
(2012年11月20日現在の情報です)

私は残念ながら、安定して入手できる方法は見付けられていないのですが、
もっと調べればどこかにあるかもしれませんので、こまめに情報収集してみてください。

最後に、かご作りは難しくないか、初心者でも紅籐を編めるか、ということですが・・・
紅籐は、太く堅く編みにくいので、初めてのかご作りにはお勧めしません。
一度は細く柔らかい丸芯の籐で編んでみて、慣れてからの方がスムーズだと思います。
丸芯はとても編みやすいので、初心者でも比較的簡単に編めると思います。
(中学生がクラブ活動でやっていたくらいですから!)
ちなみに、基本的な編み方は丸芯も紅籐も同じです。

DSC_0001-002_20121119161737.jpg

いかがでしたでしょうか。
少しでも、かごを編みたいと思っていらっしゃる方のお役に立てたら嬉しいです。
そして、手作りのかごのある暮らしを楽しむ方が
一人でも増えるといいなと心より願っています!!


いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| かごを編む日 | COM(4) | TB(0) |
2012-04-10 (Tue)
DSC_0001-001.jpg

久しぶりに紅籐でかごを編みました。
乾燥の季節、ただでさえ堅い紅籐はお湯につけても時々ポキンと折れ、
自在に操るのはちょっと大変でした。

パンは湿度の低い時期、
かごは湿度の高い時期がベストシーズンのようです。

これは、作ったり買って来たりしたパンをポーンと入れて、
キッチンに置いておくためのパンかごです。
大人数の時には、食卓に出してもいいかもしれません。

DSC_0023-001.jpg

今日はパン教室で、大きさ違いのまるめの成型をいくつも勉強したので、
同じようなパンがたくさんあります。
カンパーニュの大のまるめのコツが分かったので、早く復習しないと・・・。

パンもかごも昔から好きでしたが、
パンをよく作るようになって、ますますかご作りが楽しくなりました。
パンとかごって、どうしてこんなに合うのでしょう。

今ではパン屋さんへ行っても、
どんな形・素材のかごにどんなパンを入れているかとか
そんなことばかりが気になるようになりました。

今度外国のパン屋さんへ行くことがあったら、
そこも注目して見て来たいなぁと思います。


今日も、ご訪問、応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| かごを編む日 | COM(4) | TB(0) |
2012-01-27 (Fri)
DSC_0006-1_20120127100205.jpg

今回は紅籐ではなく、それよりも柔らかい丸芯の籐を使って、パンかごを編みました。

紅籐の後なので余計に細さ、柔らかさを感じ、すごく編みやすかったです。
細かい細工をするときはこちらの方が向いていますね!
(これは特に凝ったデザインでもありませんが・・・)

色も元々落ち着いた茶色に染めてあるので、
紅籐にやや近い風合いが出せるところも気に入りました。

形のイメージとしては、パン屋さんで陳列に使われるような、平たいかご。
それの、小さい食卓バージョンが欲しいなぁと思って作りました。

早速、お教室で焼いたパンを入れてみました。

DSC_0025_20120127100204.jpg

2~3人分のパンを入れるのに、ちょうど良い大きさ!
ゆっくり朝食を楽しめる休日などに使いたいと思います♪

日本列島はまだまだ厳しい寒さが続くようですが、
どうぞ温かくして、素敵な週末をお過ごしくださいね!


ご訪問ありがとうございました。
訪れてくださった方に、お茶を飲むようにホッと和んでいただけるといいなぁ
という願いを込めてバナーを作ってみました。(既出の写真ですが・・)
よろしかったら、クリックで応援してくださると嬉しいです☆
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
| かごを編む日 | COM(6) | TB(0) |
2012-01-11 (Wed)
秋に植え替えたウンベラータの鉢のカバーをずっと探していましたが、
なかなかよいものが見付かりません。
素敵だなと思っても、大きさが合わなかったり、考えてしまうお値段だったり。
それならば、と自分で作ってしまうことにしました。

久しぶりの紅籐です。
今までは、編みながらどんな形にしようかなぁとイメージを膨らませていたのですが、
今回は始めから決まった大きさ・形に編む練習です。

時々、試しに鉢を入れて大きさを確認します。



漠然とそんなに大きくない鉢だと思っていたのですが、実際には結構大きかった!
それを覆うカバーとなると、かなり大きなものを編まなくてはいけません!!

DSC_0008-2_20120111174638.jpg

これまでで一番大きな作品です。
一日がかりでした!
持ち手を付けたかったのですが意外に難しく、そこまでの気力が残っていませんでした。
なので、ごくシンプルなデザインです。
(そのうちやる気が湧いたら手を加えようかな)

DSC_0013-1.jpg

こうして見ると、鉢カバーに比べてウンベラータがとても小さく見える・・
(カバーがやや大きかったとも言う 笑)
この先、幹が太くなってグングン伸びても安心!ということにしておきましょう。
早く大きくなるといいなぁ。


ご訪問ありがとうございました。
よろしかったら、応援クリックいただけると嬉しいです☆
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
| かごを編む日 | COM(6) | TB(0) |
2011-11-29 (Tue)
紅籐のかご第3作目は、背の低いバケツ型にしました。
3時間ほどで編める、手軽な大きさです。


今回は、持ち手を少し太くして、付け方も工夫してみました。
でも、まだまだ課題も多く「自分のやり方」をつかむまでは研究が続きそうです。

形も風合いも素朴な雰囲気なので、こんな風にキッチンで野菜を入れておいたり・・

P1080022.jpg

グリーンと合わせたりしてもいいかなと思います♪
P1080033.jpg

ところで、かご作りも、こうして堅い籐を使ったり大きな作品を作ったりするときは、
かなりの力仕事になることを実感しています。

押さえたりするのに全身を使いますし、特に右腕は軽い筋肉痛に!!
なかなか良い運動になっているのでは、と思っています。

こうしてできたかごたちは、やっぱり愛しく大切な存在です♪


応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| かごを編む日 | COM(8) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。