>
07 << 2012/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-08-24 (Fri)
今回の旅行の裏のテーマは、「ベーグル」。
改めて、アメリカのベーグルに関するいろいろなことを
意識して見て来ようと思っていました。
今日はそんな、私の出会ったベーグル特集です♪


いきなり乗り継ぎのデトロイトの空港で朝マック(笑)
日本と違うところの一つは、ベーグルサンドがあるところ!!
卵とチェダーチーズが挟んであって、なかなかのボリュームです。
(ただベーグル自体はね・・・まぁ、ベーグル屋さんじゃありませんからね・・苦笑)

朝マック

安いホテルの簡素な朝食で、ブルーベリーベーグル。
こんな朝食が付くだけでも嬉しいのです♪

ホテルの朝食

お次はビックリ、フレンチトースト味のベーグル!!
そういうのがあると話では聞いたことがありましたが、実際見たのは初めてでした!
やっぱり本場を離れるほど、バリエーションが自由になる印象。
(こちらは、ペンシルバニア州西部のスーパーにて購入)
黄色いエッグベーグル(卵味)の生地に、
所々茶色いシロップの塊が散りばめられていました。

フレンチトースト

キッチン用品売り場で普通に売っている、ベーグルに関するグッズもご紹介♪
こちらは、ベーグルトースター。
厚みがちょうど良いように出来ているんですね~!

ベーグルトースター

こちらは、ベーグルを安全にザクッとスライスできる、ベーグルカッター。
時々、ベーグルを置いているホテルの朝食コーナーでも見かけます。
それにしても・・・GUILLOTINE(ギロチン)ってちょっと怖い名前が付いているのは、
アメリカならではのブラックユーモアなの??
それとも、こうして普通に使う言葉なのかな?

ベーグルカッター

さていよいよ、ニューヨークのベーグル屋さんです♪
こちらは「Murray's BAGELS」

Murrays 店

ショーケースの中。無造作な感じが可愛いな。

Murrays 中

シナモンレーズンと、マルチグレイン(雑穀)を買ってみました♪
が・・・う~ん、時間が経ってしまったのかなぁ。ちょっと固かった・・・(泣)
今度はぜひ、焼き立てを食べたいですね~。

Murrays Bagle

こちらは、ガイドブックにも載る超有名店「Ess-a-Bagel」、長蛇の列でした。

エッサ

これは、シナモンレーズンベーグル。
このクリームチーズの厚さを見よ!!(笑)

クリームチーズサンド

でもね~このお店、以前行った時も思ったのですが、
ちょっと、焼き過ぎ?かなり固かった・・・
時間やその時の焼き具合によって違うと思いますし、
こういうのが好きな方もいらっしゃると思いますが・・
日本人が、ガイドブックに載っているからと期待してここへ行ったら、
もしかしたら「ベーグルは美味しいもの」と思えないかもしれません。

ホールウィートとプレーンは、たまたま焼き色が濃すぎず、
まだ温かみも残っていたので、ハード過ぎず食べやすかったです。
タイミングと運によりますかね!

エッサ ホールウィート&プレーン

本当は、NYで一番好きだったベーグル屋さんへ行きたかったんです。
でも・・・・・
今回の旅行一番のショッキング事件。
大好きだった「H&H BAGELS」が、どこもクローズしてしまっていたんです!!(号泣)

HHアッパーウエスト HHミッドタウン

左のアッパーウエスト店は、映画「ユーガットメール」にも出て来た有名店だったのに~。
ここのベーグルは、モチモチ感が最高だったのに~!
初期の頃によく通った、思い出のお店だったのに~!!!
ウォール街の方で復活するとの話もあるみたいですが・・??本当だといいな。

でもね、やっぱり今まで一番美味しいと思ったのは、
住んでいた家の近くのベーグル屋さん。
今回その近辺へは行かなかったのですが、こんなことならやっぱり行けばよかったな。

まぁ何はともあれ、本場で改めていろいろなベーグルに接して、
自分のベーグル作り向上のヒントをたくさんもらうことができました♪
すごくいい勉強になりました~!!


猛暑もそろそろ落ち着くのでしょうか。
8月最後の週末、過ごしやすいお天気になるといいですね。
よい週末を!!


いつも、ご訪問、応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| 2012 夏 アメリカ旅行 | COM(8) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。