>
10 << 2012/11 >> 12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-11-12 (Mon)
私がその少年と出会ったのは
彼がまだあどけない顔で友達とじゃれ合う可愛らしい幼少期の頃のことでした。
何よりもサッカーが好きで、ことあるごとに「サッカー選手になる」と言っていた君。

地域の少年サッカーチームに入っている頃からすぐに頭角を現し
何学年も上のお兄さん達に混じって練習し、対等に張り合う姿を見ていて、私は
いつかこの子は大きな舞台で活躍するに違いないと漠然と思ったものでした。

だから、念願叶ってユースからトップチームに上がることになったと聞いた時
驚く気持ちは全くなく、むしろ、あぁやっぱり・・・と思ったよ。
それがどんなにすごいことか、その世界に疎かった私にはあまりよく分からず
ただ、幼い頃からの夢が叶ってよかったね、という気持ちだったけれど・・・。

初めて試合に足を運んだ時。
当たり前のことながら、ユースの時とは全然違うスタジアムの盛り上がり。
詰めかけたサポーターの雄叫び轟く中、その中心で光を浴び、全力で駆け回る姿を見て
ゾクゾクと鳥肌が立つような感動に心が震えました。

IMG_1152.jpg

それからは毎週のように、行ける場所の時は応援に駆けつけ、
行けない時はテレビで観戦。
私達夫婦の生活の一部のように大きな楽しみとなりました。

それまで、日本代表などの試合を観ていて、負けるとすっごく悔しくても
まぁでも私の人生には関係ないし・・・と気を治めることができたけれど、
この試合は負けるとあなたの人生に関係がある・・と思うと
居ても立ってもいられないような心境で観戦するようになってしまいました。

でも、そんな気持ちで応援できることがどんなに幸せなことか、今ならよく分かるよ。

もちろん厳しい世界で、うまくいかないこともたくさんたくさんあったと思う。
がっくりとうなだれたその表情に
胸が押し潰される気持ちになったことも何度もあるけれど
昨日の最終戦では、とうとう今までで一番の歓喜を爆発させることができましたね!

J1昇格おめでとう。

ここ最近ではなかなか見られなかった、無邪気な子どもの頃と同じ
心の底からの笑顔が見られたことが、何よりも嬉しかったよ。
自分のアシストで掴んだ勝利、それはそれは嬉しかったでしょう。
よく頑張ったね!!

大勢の人に夢と感動を与えられる存在になったこと、本当に誇りに思うよ。

これからは、さらに険しい茨の道になるのでしょうね。
でも、あなたの本当の夢は、きっとその先にあるのでしょう。
まだまだ、こんなものじゃないんでしょう?

もっともっと大きな夢に向かって一歩踏み出した君を
これからもずっとずっと
良い時も悪い時もどんな時もいつも見守り、応援し続けます。

そんな楽しみを私に与えてくれて、本当にどうもありがとう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

最後まで読んでくださいましてありがとうございました☆
スポンサーサイト
| 大切に心にしまっておきたい話 | COM(8) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。