>
09 << 2017/10 >> 11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-11-08 (Tue)
多くの人が食器を揃える時と言ったら結婚の時だと思いますが、私が結婚した時は何しろ忙しかったので、間に合わせ感覚で買ったり、実家で余っていたものをもらったりして、気が付いたら、アイテムとしては揃っているものの、どこか統一感のない食器棚になってしまっていました。

そんな満たされない思いの反動で、アメリカでビンテージ食器に夢中になったのだと思いますが・・・。

十分なほど集めて帰国して、改めて自分のいまいちな食器棚を見た時、私は一つの決意をしました。
まぁまぁなものとは決別し、大好きなものだけで棚を満たそう、と。

アメリカンビンテージ食器を中心に、必要な和食器、そしてシンプルな洋食器。
そう、やはりミルクガラスの食器だけでなく、基本の白い洋食器は必要だと思ったのです。

これは、処分を免れたリチャードジノリ・ベッキオホワイトのシェルディッシュと小皿のセット。


結婚前にデパートで一目ぼれして買ったもので、美しい独特のフォルムが大好きで、よく使っていたものでした。

流れるようなラインが美しいベッキオホワイトシリーズには以前から惹かれており、今後このシリーズの白い食器を揃えていくことを決めました。

そんな訳で購入したのが、スープ皿6枚。
カレーやパスタ等使い勝手がよさそうな形です。
P1070619.jpg

高価なものではありませんが、今すぐ必要というわけではなく、私にとっては「贅沢品」になるので、1年に1アイテムずつ揃えていくことにしました。

洋食器はこれ以外、持ちません!多分(笑)。
毎年1アイテムだけだけれど、大好きなものが少しずつ増えていく喜びで自分を満たせるようになりたいと思います。


応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
| お気に入り | COM(6) | TB(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。