>
05 << 2017/06 >> 07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-01-08 (Sun)
ファイヤーキングのCハンドルマグ3兄弟、
チョコレートマグ、ヘビーマグ、エキストラヘビーマグ。
ころんと丸みを帯びたそのフォルムが優しくて、かわいらしくて、大好きです。

DSC_0027_20120113154035.jpg

製造数はDハンドルマグほど多くなかったようで、
アメリカでもよい出会いにはあまり恵まれませんでした。
中でも、一番小さい、スリムマグとも呼ばれるチョコレートマグは
なかなか見付けられず、結局今手元にあるのは、1つだけです。
その貴重な出会いを、今もはっきりと覚えています。

それは、アンティーキングを始めてまだ数ヶ月の頃。
初めての遠征(笑)先のアンティークショップでのことでした。

そこは、たくさんのディーラーのブースがあるタイプのお店。
その中の素敵なディスプレイの一角に、その子はころんと飾られていたのです。
たまたまそこのディーラーの女性がいたので、
頼んでショーケースを開けてもらい、見せてもらいました。

その方は、大切そうにそれを取り出し丁寧に私に手渡すと、
「あなたもJade-iteを集めているの?私もよ!」と喜び、
目を輝かせていかにそれが好きかという思いを語ってくれました。
そんな思い入れを持った方から譲り受けることができて、幸せだったと思います。

これまで大切に飾ってあまり使っていなかったのですが、
せっかくなので本来の使い方をしてみよう!と、
ホットチョコレートを飲んでみることに。

DSC_0029_20120108114516.jpg

NYの有名なチョコレートショップ、MARIEBELLEで買ったホットチョコレート。
アメリカらしからぬ、甘さ控えめでカカオ濃厚なお味がお気に入り。
おすすめのNY土産です!

作り方はヨーロッパ式とアメリカ式が書かれています。
ここはもちろんアメリカ式で!計量カップもアメリカサイズです。
日本と1カップの量が違うので、要注意。

DSC_0032.jpg

さてさて、この説明どおりに作ると、出来上がりは150ccほど。
それをチョコレートマグに注ぐと・・・

DSC_0024-1.jpg

なんとピッタリの量!!
ちょっと感動してしまいました。
今も昔も、これがアメリカのホットチョコレートの標準的なサイズなのですね・・・

飲んでみると、飲み口のほどよい厚みとカーブ具合が絶妙で、
口当たりがとっても良いことにまた感動。
スリムで持ちやすいし、見た目もかわいいし、
やっぱり使ってますます好きになってしまいます。
中身の透け感が、ボトムのガラスが厚い方に向かうにつれ薄くなっていくところとか、
もうたまりません♪♪(この辺はホント、マニアな世界です・・・苦笑)

あの時の出会い以来、価格は日々高騰し、
見かけても日本と変わらないのでは?というほどの高値。
せめて、もう一つ欲しかったなぁ~と思うのですが・・・
いつかまた、アメリカに探しに行きたいと思います!!
(今となっては、日本の方が状態の良いものがありそうですが・・
 一応、その夢を持ち続けることにします!)


ご訪問ありがとうございました。
よろしかったら応援クリックいただけると嬉しいです☆
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
| ファイヤーキングの話 | COM(6) | TB(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。