>
10 << 2017/11 >> 12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-01-18 (Wed)
昨日の朝日新聞の夕刊で、阪神淡路大震災の追悼の記事と一緒に
「最後だとわかっていたなら」という詩が紹介されていました。

これは、わが子を亡くしたアメリカ人女性が書いたもので、
9.11のテロ後の集会などで読まれたことから有名になり、
日本でも本が出版されて話題になったこともあるそうです。

私は今回初めて読み、深く心を打たれ、いろいろな思いが込み上げました。
同様に昨日の新聞で読んだ方、
今までに読んだことのある方もたくさんいらっしゃると思いますが、
ずっと自分の心に留めておくためにも、ここで紹介させていただきたいと思います。

最後だとわかっていたなら

(作 ノーマ・コーネット・マレック 訳 佐川 睦 サンクチュアリ出版)

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように
祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて
抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても
分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたなら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛している」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして 私たちは 忘れないようにしたい
若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日がこないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を
どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうしてしてあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していることを
いつでも
いつまでも大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を 持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから


この詩を読んで思い出したのが、
大好きな絵本のひとつ「ずーっと ずっと だいすきだよ」です。
(作・絵 ハンス・ウィルヘルム 訳 久山 太市 評論社)

DSC_0002-5.jpg

ぼくは、小さい頃からずっと一緒に過ごした大切な犬に、
毎日「大好きだよ」と言っていた。
だから犬が年老いてさようならする時が来た時、
悲しかったけれどいくらか気持ちが楽だった、というお話で、
小学校1年生の国語の教科書にも載りました。

DSC_0007-1_20120118131526.jpg

悲しいけれど温かくて、やはり「伝えること」の大切さを教えてくれるお話です。

つい忘れがちになるいろいろなことを時折こうして考え
見つめ直してみたいなぁと思いました。


ご訪問ありがとうございました。
よろしかったら、応援クリックいただけると嬉しいです☆
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト
| ささやかな暮らし | COM(2) | TB(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。