>
08 << 2017/09 >> 10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-02-24 (Fri)
夫の仕事の都合でしばらくアメリカに住むことが決まった時、
元々海外旅行好きだった私は大喜びし、
向こうへ行ったらあれをしたい、これもしたい、と
たくさんの夢と希望を抱いての渡米となりました。

そして期待どおり、始めは何もかもが新鮮で刺激的で
毎日が楽しくて仕方ありませんでした。

しかし、1ヶ月も経つとそんな旅行者気分は次第に抜け、
暮らしていく上での苦労も感じるようになっていきました。

やはりそこは勝手知らざる異国であること、
そして特殊な立場・社会での生活となること、
そういった事情から、日本で当たり前のようにできていたことが、できない。
それは、予想外に辛いことでした。

そして数ヶ月が経った頃、ふと、
始めにやりたいと思っていたことが全然できていない!と気付き、
どうしようもない焦燥感や苛立ちを感じるようになった時期がありました。

このファイヤーキングのキャンディー&カバー(キャンディポット)に出会ったのは、
ちょうどそんな頃でした。

DSC_0017-1.jpg

アンティーキングを始めたばかりだったその日、
初めて訪れた街で、あるアンティークショップに入りました。

店内をぐるりと一周し、お目当てのFKはなかったなぁと思っていた時、夫が
「あれFKじゃない?本に載っているのを見た!!」とあるアイテムを指差しました。
それが、このキャンディー&カバーでした。

早速ショーケースから出して見せてもらうと、
確かに本で見たものと一緒でしたが
残念ながらいくつかの欠けがあることが分かりました。

DSC_0026-1.jpg

その分、相場からすると破格値ではありましたが
当時の私は、傷のあるものを所有することにはあまり気が進みませんでした。
しかし夫は「きっとこれはレアなものだ、それがこんな値段で買えるなんて!」と
すっかり買う気満々です。

そこで、まぁ食事に使う食器ではありませんし、
多少の欠けはいいかな、と我が家に迎え入れることにしました。

しかし、家で改めて見ていると、あ!ここも欠けていた!ここも!と
欠点ばかりが目に付いてしまい、どうにも好きになれませんでした。

ところが、そばで毎日眺めるうち、次第に考え方が変わって来たのです。
一体どんな使われ方をして、こんな傷ができたのだろう、
なんて思いを馳せるようになり・・・

もしかしたら、やんちゃな子ども達が、中のキャンディを取ろうと
競うように蓋を開け閉め繰り返したのかな。
つい乱暴になって欠けさせてしまったけれど、
お母さんは気にせず、ずっと大切にしていたのかも知れないな・・・なんて。
それは思わず微笑んでしまうような、幸福な想像でした。

そして、ある時気付いたのです。
このキャンディー&カバーは、これだけの傷を負ってなお、
その美しい姿形はそのままに、堂々とそこに在るではありませんか!

DSC_0008-5_20120224105930.jpg

そんな風に丸ごと受け入れられるようになった時、
自分に対するモヤモヤした気持ちもスーッと晴れていくのを感じました。

できないこと、分からないことばかりの自分だけれど、
そのままの自分を認めて、今できることから少しずつ頑張ろう。
そう思えるようになったのでした。

ファイヤーキングは、私に完璧でなくてよいことを教えてくれました。
これが、私がファイヤーキングを愛する最大の理由です。

これをきっかけに「完璧でないから愛しい」アンティークにすっかり魅了され、
それ以降、私が気分を落ち込ませることは二度とありませんでした。

きっとこれからの人生でも、何かにつまずく度にこのキャンディー&カバーを見て、
その凛とした姿と当時の自分から元気をもらうのだと思います。

そしていつの日も、物事や人・物を見る時、
完璧でなくとも、そのものの良さに目を向ける心を持ち続けていたいと思います。

DSC_0003-3.jpg
大好きなチョコレートをいっぱい携えて、
今日も定位置で鎮座しています。


長くなりましたが、最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございました。
クリックで応援してくださると嬉しいです☆
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。




関連記事
スポンサーサイト
| ファイヤーキングの話 | COM(12) | TB(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。