>
07 << 2017/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-02-27 (Mon)
知人の家で開かれた、プロの研ぎ師さんから
包丁の研ぎ方を教わる会に参加してきました。

講師は、「包丁が切れると、料理が楽しくなる」がモットーの、女性の研ぎ師さんです。

思えば、私はちゃんと包丁について勉強したことなんて、これまでありませんでした。
自分の使っている包丁の名前や、使い分けすら知らないお恥ずかしい状態・・・

始めにお話を聞くと、もうそれだけでたくさん勉強になりました。
驚いたのは、切れ味の悪い包丁で切ると、
食品の20%の栄養分を逃すと言われているということ!!
押しつぶす形となり、しぶきがたくさん飛ぶからだそうです。

私は今まで、棒状の簡易シャープナーで研いでいましたが、
それだと刃の先っぽしか研げていなかったみたいです。
先っぽ以外は厚みのある刃で押しつぶしていたから、
玉葱を切ると常に目がしみたわけです!!
(そして栄養素も逃げていた・・・泣)

早速、ちゃんと砥石を使って研ぐ方法を教わりました。
角度や力の入れ加減が難しいですが、やっているうちに少しずつ慣れてきました。

DSC_0013_20120227113908.jpg DSC_0007-4.jpg

ちょっと見にくいですが、刃先の反射して白っぽく見えている部分が、研いだ所です。
左は自分で研いだもので、右は研ぎ師さんに研いでもらったものです。
当たり前ですが、ものすごい違い(笑)

自分でやった方は、かなりムラがありますが、
それでも切れ味はとても良くなりました。

研ぎ師さんにお願いした方は、それはもう惚れ惚れするほど真っ直ぐで美しい刃・・☆
家に帰って試しに玉葱をスライスしてみましたら、
切れ味抜群なのはもちろんのこと、どれだけ切っても全く目にしみないのです!!
これはもうビックリ。
本当に、お料理が楽しくなりそうです。
やっぱり道具って大事なのね~とつくづく痛感しました。

自分で正しく研げるようになりたいと思いましたし、
時にはプロの力をお借りすることも大事かもしれないなぁと感じた、
とても勉強になった一日でした。


ご訪問ありがとうございました。
よろしかったら、クリックで応援してくださると嬉しいです☆
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。


関連記事
スポンサーサイト
| ささやかな暮らし | COM(6) | TB(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。