>
09 << 2017/10 >> 11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-11-09 (Fri)


11月のフランス菓子教室のメニューは、
芸術品のような林檎のタルトでした。
お教室に入ると、既に先生が作られたものが飾られており、
その息を飲むような美しさに、ただただうっとり♪

しかーしこの日、私は前日に久しぶりにベーグルを手ごねで作ったもので
両肩から腕が、かなり筋肉痛(何という日頃の運動不足よ・・・泣)
タルト作りは、そんなに手を酷使する作業がないといいなと思っていたのですが。

その淡い期待は、儚くも打ち砕かれました・・・
タルト生地作りが、こんなに力の要るものだとは!!

でもその間、律子先生と色々お話をしながら混ぜ混ぜしていると
あっという間に時間が過ぎ、
「一人だと時間が経つのがすごく遅くて辛くなるけれど、
 誰かと一緒だと楽しくて全然苦になりませんね~!」と二人で意見が一致しました。

生地ができたら、あとは楽しい林檎を並べる作業♪
薄くスライスした林檎をズラ~ッと並べていくと、
それだけでもううっとりと恍惚感(笑)

P1090197.jpg

P1090199.jpg

P1090201.jpg

昔、中学の家庭科のテストで木の葉林檎を作るというのがあったのですが
スライスしてできた段の数が多ければ多いほど良いと言われ、
執念で20段以上作って驚かれたことを思い出しました。
そんな、負けず嫌いの熱い中学生だったな(笑)

じっくりと焼き、つや出しのジャムを塗って完成したのがこちら!!

P1090216.jpg

試食では、先生の作られたものをいただきましたよ♪

P1090211.jpg

中にも上にも、林檎がギッシリ!!!

P1090214.jpg

でも、ほどよくフレッシュ感を残した林檎たちなので、
見た目のボリュームはたっぷりでも
食べると意外なほどさっぱりと爽やかで、全然重たくないのです。
それでいて、ギュッと凝縮された林檎の風味はしっかりと感じられて、
手間ひまかけたタルト生地も、中のアーモンドクリームも、本当に美味しい♪♪

またまた素晴らしいお菓子を教えていただきました。
明日のお客さまに食べていただくのが、とっても楽しみです。
律子先生、どうもありがとうございました☆

お天気の崩れそうな週末ですが、我が家は色々忙しくなりそうです。
しっかり体調管理をして、頑張ります!!
どうぞみなさまも、素敵な週末を♪


今日も、ご訪問、応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
| お菓子作り | COM(8) | TB(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。