>
06 << 2017/07 >> 08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-01-11 (Fri)
社会復帰第1日目は、フランス菓子教室でした。

体調が最悪だった数日前は、
キャンセルするなら早めに申し出た方が迷惑がかからないよな〜とか
先生のデモの見学だけお願いしようかな〜なんて考えて弱気になっていましたが、
その頃には回復しているかもしれない!!と希望を持って、当日を迎えました。

しばらく、病院と近くのスーパー以外は完全にインドア生活だった私の身体、
そこら中の筋力が鈍っているようでぎこちない感じでしたが、何とか動ける!!

お天気もよく、久しぶりのまぶしい太陽の下を元気よく歩いて出発しました。

そうしたら、元気よく咲き誇る真っ赤なチューリップさんが大勢で迎えてくれました♪
艶やかなお着物のような明るい赤が、新春のおめでたい雰囲気にピッタリですね!



この日は、「季節のお菓子クラス」のキャラメルのババロアと
「ティータイムクラス」の塩味のクッキーの2つのクラスを申し込んでいました。
どちらもすっごく作りたかったから、張り切って両方申し込んだけれど
さすがにこの日は大丈夫かな??と心配になりました。

でも、アシスタントのMさんがいらっしゃったので、
たくさんたくさん助けていただいて、
律子先生も私の負担が少なくなるよう細やかに配慮してくださって・・・
私がボーッとしているうちに、あっという間に美しいお菓子が出来上がっていました♪

こちらは、律子先生の作られたキャラメルのババロア。
キャラメルシロップをしみ込ませたジェノワーズにキャラメルババロア、
上には濃厚なキャラメルソース、とキャラメル尽くしです!!
周りには、パリパリのヌガーが飾られていてお洒落☆

IMG_1688.jpg

下の写真の手前に映っている塩味のクッキーは、初めていただいた時に、
「甘くなくて美味しいクッキー」がこの世に存在することに衝撃を受けたんです。

IMG_4063.jpg

時々甘いものが苦手というお友達がいて、そういう方をお茶に招く時って
いつもお茶菓子をどうしようかなって迷ってしまうんですよね。

だからこれは、ひと口食べた途端「ぜひ習いたい!!」って思いました。
濃厚なチーズとアーモンド、松の実がたっぷりの生地は、
その他お菓子作りとしては不思議な材料の数々と合わさって
何とも言えない、オードブルのような、
甘くなくて美味しいクッキーに焼き上がっているのです。

頑張ってお教室へ通って、習えてよかった〜♪
キャラメルのババロアは、これはもう間違いのない王道の美味しさで
夫ランキングでは、お気に入りのダックワーズを抜き、
堂々のトップに躍り出たそうです。

律子先生、Mさん、本当にお世話になりました。
新年早々ヨレヨレでたくさんお気遣いさせてしまい、申し訳ありませんでしたが
すっごくリフレッシュになりましたし、楽しくて美味しくて元気になりました☆
本当にどうもありがとうございました。

また来月も、よろしくお願いいたします!!

素敵な連休を♪♪


いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
| お菓子作り | COM(12) | TB(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。