>
09 << 2017/10 >> 11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-05-14 (Tue)
母の日ランチの次に向かったのは、同じく平塚市内の
神奈川県立花と緑のふれあいセンター 花菜ガーデン

バラがとてもきれいだと何かで見て、ずっと気になっていたんです。
ちょうど今が見頃なので、この機会に母たちを連れて行くことにしました。

3年ほど前にできたこちらの施設は
広い敷地に3000種を超える花々が植えられており
また田植えや野菜の収穫が体験できたり
展示室や調理室で様々なイベントが開かれたり
そんな、園芸や農業を楽しみながら学べる施設なのだそう。

そんな学ぶまで考えなくても、敷地内をのんびり散歩してお花を見て、
それだけでも十分に楽しめるところです。



素朴な花々も、これだけ集まると圧巻の風景。

2013-05-12_3056_edited-1.jpg

園芸をこよなく愛したチェコの作家、カレル・チャペックのお庭を再現した家。
お家の中は、休憩所になっていました。

2013-05-12_3063_edited-1.jpg

種々の大輪のクレマチス。

2013-05-12_3068_edited-1.jpg

様々な植物がありますが、この時期一番の見所は、やっぱりバラ。
それでもそんなに人ごみが激しいわけではなく、ゆっくりと楽しめます。

2013-05-12_3112_edited-1.jpg

不意に母が「やっぱり、花びらの数の多くないスッキリしたバラが好きなのよねぇ」
と言うので、驚きました。
私と全く同じなんですもの。
子どもの頃から知らず知らずのうちに、母の美意識に感化されて来たのでしょうね。

2013-05-12_3089_edited-1.jpg

2013-05-12_3094_edited-1.jpg

無数のバラたちは、有志のボランティアさんによって手入れされているそう。
そのボランティアは、とても人気があるのだそうです。
お手伝いしながらバラの管理が学べたらいいですものね。

2013-05-12_3077_edited-1.jpg

こんなお庭が造れたらいいな〜と夢を広げるようなガゼボや

2013-05-12_3080_edited-1.jpg

優雅なバラのアーチ♪

2013-05-12_3115_edited-1.jpg

我が家のお庭はみんなミニバラなので、
こんな風に鉢植えでもいいから、本格的なバラを育ててみようかなと思いました。

2013-05-12_3064_edited-1.jpg

花々はいつの日もただひたすらに美しく
そのまっすぐな健気さに心打たれ、静かに癒されます。

2013-05-12_3110_edited-1.jpg

雲間から時折さす陽射しは強かったけれど
爽やかに吹き渡る五月の風は最高に心地よく、
とっても気持ちのよい食後のお散歩になりました。

「近くにこんな所があるなんて、知らなかった」
「いい所へ連れて来てもらった♪」
と母たちが喜んでくれたのが、何よりでした!!


いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
| お出かけ・外食 | COM(10) | TB(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。