>
05 << 2017/06 >> 07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-09-21 (Wed)
昔から紅茶が好きだった私は、より美味しく淹れられるようになりたいと思い、
紅茶教室に通ったことがあるのですが、その時に衝撃的に好みに合う紅茶と出会いました。

それは、TAYLORS of HARROGATE (テイラーズ オブ ハロゲイト)の、CHINA ROSE PETAL。
バラの花びらがブレンドされたローズティーで、凝縮されたバラそのものの豊かな香りが漂います。

茶葉を開けただけで、あまりのかぐわしさにクラクラと倒れてしまいそう(笑)。



味はほんのりと甘く、品よく華やかなフレイバーが口に広がり、
私にとって究極に幸せな気持ちになれるスペシャルな紅茶です。

それならば、毎日飲めば毎日ハッピーでいられるのでは?と思うかもしれませんが、
不思議なものでフレイバードティーって、
飲み続けるといつしか味や香りが感じられなくなってくるのです。
(私だけかな?)

茶葉の香りが飛んでしまった?
それとも自分の味覚がおかしくなった?
お紅茶の先生に尋ねてみましたら、やはり同じフレイバーが毎日続くと、
嗅覚や味覚が慣れてしまってその特徴を感じなくなることがあるとのことでした。
わ~そんなのもったいない!!

そんなわけで、毎日は飲まず、時々のお楽しみになっています。

ここはやはり、ローズのティーカップで。
DSC_0034.jpg

これは、ロイヤルクラウンダービーのアンティークのカップです。
控えめなゴールドと淡いタッチの手描きのバラ。
素朴な優しさの中に、スッとシャープなハンドルが洗練された雰囲気も兼ね備えた、
とても好きなデザインです。

イギリスのブランドのものですが、見つけたのはアメリカのアンティークショップでした。
(移民の国アメリカでは、ヨーロッパのアンティークを置いているお店も多く、意外に穴場でした)

お気に入りのカップにスペシャルな紅茶。
自分が絶対的に幸せになれる手段をいくつか持っておくことは、自分を強くしてくれる、
とても大事なことだと思っています。


応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
| お気に入り | COM(0) | TB(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。