>
03 << 2017/04 >> 05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-09-29 (Thu)
小花のエンボスが素敵な、ファイヤーキングのアリスシリーズ。
こちらのカップ&ソーサー、一見定番のジェダイカラーですが・・・


光にかざすと、ミルクガラスが透明がかっているのが分かります。
DSC_0007-1.jpg

時々見かけるこのタイプ、コレクターズガイドによると、単なる工場のミステイクだそう(笑)。
だからレアということもなく、ジェーンレイシリーズにもあるようです。

しかしこのミス、ファイヤーキングの魅力のひとつである繊細な透け感を、一層際立たせることに!

光を透き通した姿は、幻想的ですらあります☆
DSC_0023.jpg

そしてこの対極にあるのが、レストランウェア。
業務用食器だったため、厚く丈夫な作りです。
これはこれで、ぽってり、ころんとした姿がかわいい!
DSC_0037-1.jpg

同じお茶(ルイボスティー)を入れても、印象がまるで違いますね。
同じ素材のガラスでここまで違ったものを作れたなんて、驚きです。
DSC_0038.jpg

雰囲気の違いを見るために同じお茶を入れましたが、厚みのあるレストランウェアにはコーヒーの方が似合うかな?

繊細な美しさと、素朴なかわいらしさ。
どちらにもそれぞれの魅力があり、つい集めたくなってしまうファイヤーキングの魔力にとりつかれたコレクターの一人です(笑)。


応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
| ファイヤーキングの話 | COM(0) | TB(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。