>
04 << 2017/05 >> 06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-11-01 (Tue)
寒くなってきたので、ブランケットを急ピッチで仕上げました。

家に残っていた毛糸を使ったので、ひざかけとしてはちょっと小さめサイズですが、
2本の糸を組み合わせるように編んでいるので、とっても温かい編地です。



さて、今日11月1日は、紅茶の日だそうですね。
その昔、遭難してロシアにたどり着いた日本人の船頭さんが
ロシアの女帝のお茶会に招かれ、
日本人として初めて本格的なお茶を飲んだ日だから、とのことです。

私は、コーヒーか紅茶どちらにする?と聞かれたら、
9割方紅茶と答えるほどの紅茶好きです。
母はコーヒー党なのに、どうしてかな?と考えた時、思い当たったのが
子どもの頃習っていたピアノの先生でした。

当時自分のおばあちゃんほどのお年だったその先生は、大変なお嬢様育ちだったそうで、
言葉遣いや身のこなしにどことなく気品の漂う方でした。

そんな先生は、レッスンを終えると時々お茶を出してくれたのですが、
それがいつも熱い紅茶だったのです。
これぞティーカップ!という感じの平たいカップに真紅の紅茶が透き通り、
横には必ず小さなチョコレートがちょこんと添えられていました。

その時の紅茶の味や、会話の内容なんてほとんど覚えていないのですが、
そのティーカップのある光景と
ゆったりとお茶を楽しむ優雅な気持ちは幼い記憶に焼きついて、
その雰囲気ごと紅茶を好きになっていったのだと思います。

わずか7~8歳の子どもに、
よくそんな本格的なティーセットでお茶を出してくれたものだと今になって驚きますが、
音楽でも器でも、幼い時から良いものに触れるべきだという
先生のお考えだったのかもしれません。
そんな感性を育む体験をさせてもらえたことに、感謝しています。

P1070518.jpg

紅茶の日に、私のティータイムの原点を再現。
チョコレートは、アーモンド入りでしたが・・・。


応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
| 編み物 | COM(6) | TB(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。