>
07 << 2017/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-07-16 (Tue)
今年も、義父の畑からのお裾分けに恵まれる季節になりました。

ひとたび夫が実家に帰り、戻って来ると
それはもう抱え切れないほどのお野菜の山が。

2人家族にしては尋常でない大量さですが、せっかくのいただきもの、
ありがたくいただきますよー!!



火を通してかさを減らせば、たっぷり食べられますものね。
まずは、ズッキーニ、なす、ピーマン、トマト、玉ねぎを使って
ラタトゥイユを作ることに。
(実際いただいたお野菜は、この3倍くらいありますよ・・)

ひたすら切って切って・・・

2013-07-15_5143_edited-1.jpg

炒めて煮込むと・・

2013-07-15_5148_edited-1.jpg

うまみと太陽の恵みがギュッと凝縮された、夏野菜のラタトゥイユに♪
オイルを控え、タイムをきかせているので、さっぱりとした仕上がりです。

2013-07-15_5175_edited-1.jpg

夫がトマト嫌いなので、私専用ですが。
毎日しっかりお野菜を採ることができます!

パスタにたっぷり乗せて食べるのがお気に入り。

2013-07-16_5201_edited-1.jpg

水分と塩分補給にもなるラタトゥイユ、温かくても冷たくしても美味しいです。
温めれば、身体の冷えすぎを防ぐこともできますね。

まだまだ続く夏野菜祭り、今後どんなお料理にしようかなと
楽しく考えています♪


いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| お料理 | COM(20) | TB(0) |
2013-07-08 (Mon)
梅雨が明け、とうとう本格的な夏がやって来てしまいました。

意外に涼しかった梅雨から一転、急激なこの猛暑は身体にこたえますね ><
夏に入った瞬間、即夏バテという・・・(苦笑)

しかし嫌でも夏は続くので、何とかしのげる方法を考えるしかありません。
簡単に暑さを和らげる工夫と言ったら、まずは冷たいものですよね!!

そんな訳で、今日のランチはトマトとバジルの冷製パスタにしましたよ。

味付けは、ガーリックオイルと塩のみ。
そこへ、ざく切りトマトとバジルを投入し、
細めのパスタを茹でて氷水でキュッと締めたものを和えるだけ!



トマトの酸味とバジルの爽やかな香り、そしてガーリックオイルの豊かな風味で
猛暑のさなかでも食が進みました♪

食器は、これでもかというほど涼し気なシリーズに助けを求めます。
サファイヤブルーのバブルにフィルビーマグ。
氷のようなキラキラ透明感に、ちょっとは涼しい気分になれたかな?

リバティコースターも、水色のフロリバンダでぬかりなく。

2013-07-08_4950_edited-1.jpg

目から感じる「涼」は、とっても大事!!
工夫しながら、長い夏を乗り切れますように・・

みなさんも、どうぞお身体ご自愛くださいね!!


応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| お料理 | COM(16) | TB(0) |
2013-06-11 (Tue)
またまた夫の実家から、甘夏をたくさんいただきました。
ひと目見て、その大量さに愕然。

同じ時期に同じ農作物に恵まれすぎるのは、田舎ではありがちなパターン。
義父母も、あまりの多さに消費に困っていたので
夫が引き取って来たのだそう。



せっかくですのでね、何かお料理に生かそうと考え。
(そのまま食べるのは、剥く手間と酸っぱさを考えるとあまり気が進まず・・)

前回の甘夏ゼリーに続き、今度は皮を使って甘夏ピールを作ることにしました。
(あ〜やっぱり中身は食べなくてはいけませんね・・苦笑)

細切りにした皮を、白い部分が透き通るまで茹でたら
一晩水にさらして、苦みを取ります。

2013-06-10_4056_edited-1.jpg

翌朝、水を切ってお砂糖と一緒に煮て行きます。
お砂糖は、色々調べると80〜90%のレシピが多いですが
少し控えめで60%くらいにしてみました。

2013-06-11_3995_edited-1.jpg

爽やかな甘夏の香りに包まれながら
水分がなくなるまで40分ほど煮詰めたら、出来上がりです。

2013-06-11_3996_edited-1.jpg

少し乾かしてグラニュー糖をまぶしたら
売っているオレンジピールみたいになりますが、
私はパン作りに使いたいので、しっとりソフトなままで。

苦みのしっかり抜けたやわらか甘夏ピールは
このままでも、美味しいおやつになります♪

2013-06-11_4002_edited-1.jpg

ついつい食べ過ぎてしまいそうになりますが(笑)
あとはベーグル用にとっておきます。
クリームチーズと一緒に巻き込んだら、絶対に美味しいだろうなぁ♪

2013-06-11_4032_edited-1.jpg

世界の美味しいものへ目が行きがちになるけれど、
地元で採れた季節のものをいただくことはとっても大切で
ありがたくて幸せなことだなぁと思います。

今回は1個分しか使わなかったけれど
なかなか美味しく出来たので、また作りたいと思います。

あとはまたゼリーかジュースにでもして、楽しみたいと思います♪


いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| お料理 | COM(16) | TB(0) |
2013-05-10 (Fri)
「魔法の鍋帽子って知ってる?」
ある日突然、母からメールが届きました。

鍋帽子??聞いたことないなァ・・・と返信すると
どうやら母がお友達から聞き、その便利さに惹かれて
みんなで注文しようと盛り上がっている様子。

それで、私にも「欲しい?」と写真付きでメールを送ってくれたのでした。
保温調理に興味があった私は、もちろん「欲しい!」と即答。
ほどなくして、実物が私の所に届きました。



ティーコゼーのような形ですが、お鍋をすっぽり覆えるかなり大きなサイズです。
使い方とレシピの本も一緒に注文してくれていました。

2013-05-08_2991_edited-1.jpg

座布団のようなものも付いていて、
これに煮込み途中のお鍋を乗せ、帽子を被せると
長時間保温されてゆっくりじっくりと火が通る、というわけです。

2013-05-08_2939_edited-1.jpg

そういう保温調理法は、以前雑誌か何かで見て、
バスタオル等でお鍋を包んでやったことがあるので
使い方はすぐにピンと来ました。
でも、タオルよりずっと保温性がありそうですし、被せるだけなので楽々です。

早速、基本の肉じゃがで試してみることに!!

材料を切り、軽く炒めて調味料と水を入れ、
火にかけて煮込むのは、たったの5分。

2013-05-08_2995_edited-1.jpg

まだ半煮えの状態で蓋をして座布団の上に置き

2013-05-08_3003_edited-1.jpg

ふかふかの帽子を被せて、30分放置です。

2013-05-08_3004_edited-1.jpg

すると、たったそれだけで、ごろりと大きめのじゃがいもも
しっかり煮えているではありませんか。

2013-05-08_3008_edited-1.jpg

あとは、そのまま冷まして味を染み込ませるだけです。

なんて簡単!!なんてエコ!!

火にかけるのはほんの数分ですから、光熱費の節約になりますし、
煮込む間、コンロをふさぐこともありませんし、
放置している間は吹きこぼれや焦げ付きの心配もなく、他のことが出来ますから
なんて効率的で便利なの〜!と思ってしまいました。

その上、じっくり火が通ったお野菜はほっくりとして、とっても美味しいのです。

2013-05-08_3017_edited-1.jpg

お肉は、相変わらずひき肉ですが。

雑菌の混入や繁殖に注意する必要はありますが
それさえ気を付ければ、時間のある時に調理して保温しておいたり、
出かける前に調理して帰って来た頃できているようにしたり、
色々役に立つ使い方ができそうです。

パン生地の発酵や酵母起こしにも使えるかもしれません。

お料理がますます楽しくなりそうな予感がしました♪♪


そんな母に買ってもらってばかりの私、
明後日の母の日には、ちゃんとフレンチレストランでのランチを設定しましたよ。
楽しんでくれるといいな!

みなさまも、どうぞ素敵な母の日の週末を♪


いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| お料理 | COM(12) | TB(0) |
2013-04-12 (Fri)
マイ竹やぶを持つ友人から、毎年新鮮な竹の子をいただきます。

自分で掘りに行ったり、わざわざ買ってまで調理したりするマメさは私にはないので
頂き物で旬の味覚を味わえるのは、とってもありがたい♪

しかも、掘ってすぐに茹でてから届けてくれるので、本当に助かります。

フルタイムで働く彼女、実家で代々引き継ぐ竹やぶを管理するのは大変だと思いますが
無心でただひたすら掘ることは、良い気分転換になるのだそう。

丁寧に茹でてあちこちへ配りながら、
そんなポジティブパワーも一緒に届けているんだろうなと思います。



「ちょっと掘り方失敗しちゃったんだけど、ごめんね〜」って言われましたが。
これを見て、何が正しくて何が失敗かなんて
私にはさっぱりわかりませんから(笑)


我が家で竹の子料理と言えば、竹の子ごはんか中華風の炒め物。
(定番の土佐煮は、なぜか不人気なのです)

たっぷりあるので、ごはん用に半月・いちょう切りと
炒め物用に縦の薄切りにして、すぐに使う分以外は冷凍しておきます。

2013-04-11_2315_edited-1.jpg

最初に作りたくなるのは、やっぱり竹の子ごはん!!
あぁ〜春が来たなぁと実感します。

2013-04-11_2322_edited-1.jpg

しばらく色々なお料理で味わえるのが、とっても楽しみです。
自然の恵みと友人に感謝して、大切にいただきたいと思います♪


ここ数日、肌寒さが戻っているので、体調を崩さないよう注意したいですね。
新生活でお疲れの方も、それを支える方々も、
ゆっくりリラックスできる週末になりますように!


いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| お料理 | COM(15) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。