>
07 << 2017/03 >> 08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-04-15 (Mon)
リビングフォト教室が終わってからは
どうしても真剣に写真を撮る機会が減って来てしまっています。

せっかく習ったことを忘れてしまうのはあまりにもったいないので
久々に色々食器を引っ張り出して来て、練習練習!!

前回までは、ファイヤーキングの食器を撮っていましたが(練習その①、練習その②
今回は、それ以外の食器を撮ってみることにしました。

日本でアメリカンヴィンテージ食器というと
ファイヤーキングが一番有名で人気があるように思いますが、
他にもまだまだたくさん素敵なメーカー・アイテムがあります♪


こちらは、ヘーゼルアトラスのキャンディストライプタンブラー。
こういう柄はいかにも元気なアメリカン!で気分が明るくなります。
タンブラーだけでもちょこちょこ見付けていましたが、
ある時、ど〜んとこのラックに収まったセットに遭遇しました。



オールドパイレックスのキャセロール。
正式な名前やシリーズはよく分かりませんが、可愛いプチサイズがお気に入り♪
この小さ可愛い感じをお伝えするためには、お料理に使って撮らないといけませんね〜

2013-04-15_2456_edited-1.jpg

フリマでコツコツ集めた、デプレッショングラスのシャーベットグラス。
大恐慌時代を明るくした、カラフルなカラーガラスも大好きです。
美しい透明感を表す撮り方は、永遠の課題だな・・・

2013-04-15_2379_edited-1.jpg

こちらはヘーゼルアトラス・カプリ・スワールのボウルセット。
ハニーゴールドが輝きます☆

2013-04-15_2405_edited-1.jpg

フェントン・シルバークレストシリーズのバスケット。
フェントンには数え切れないくらいのバリエーションがありますが
私はこのシルバークレストが大好きで、いくつか集めていました。
優雅なフリルがたっぷりでとても美しいです。

2013-04-15_2449_edited-1.jpg

オールドパイレックス・グーズベリーのシンデレラボウルセット。
乙女なピンクと独特の形状がたまらなく可愛らしいです。

2013-04-15_2434_edited-1.jpg

真上撮りが意外に気に入りました♪

2013-04-15_2425_edited-1.jpg

最後はグラスベイク代表、ダンキンドーナッツマグ。
去年の夏、ペンシルバニア州中部のアンティークモールで見付けました。
これは、ドーナッツと合わせて撮ったら絶対に可愛いですね〜
今度買う機会があったらやってみよう!

2013-04-15_2467_edited-1.jpg

写真のことも食器のことも、久しく真剣に考える時間から離れていると
どうしても記憶が曖昧になって来るので
時々こうして復習タイムを作ることはとても大事ですね!

ブログをしていると、撮った写真をどなたかには見ていただけるので
それがとっても励みになるなぁと思います。
今日もお付き合いくださいましたみなさま、どうもありがとうございました♪


いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| オールドパイレックスetcその他アンティーク・ヴィンテージ雑貨の話 | COM(12) | TB(0) |
2013-03-05 (Tue)
アンティーキングをしていると、
昔の箱に入ったままのヴィンテージ食器に出会うこともよくありました。

たとえ中の食器が使用済みであったとしても、
そのレトロな箱からは、作られた当時の空気を感じることができ
昔はこんな風に売られていたんだなぁと分かって、とっても嬉しくなってしまいます。

そんな箱入り娘を我が家にもいくつかお迎えしましたが、
その中でも印象深いのが、オールドパイレックス・バタフライゴールドの
キャセロールセットの箱です。



いつの年代のものか分かりませんが、イラストではなく写真付きの箱なので
オールドパイレックスの中ではそれほど古くないものだと思います。
それでも、こうして綺麗なまま残ってくれていたことがありがたいです♪

この2箱は、見付けた場所も時期も全く違いますが、
偶然にも完全に同じ商品のようです。
裏面も、全く同じ。

2013-03-05_1305_edited-1.jpg

一つは、アンティーキングを始めたばかりの頃にふらっと行ってみた
あるアンティークショーで見付けました。

アンティークショーは、状態は良いけれどいいお値段・・ということが多いですが、
この時は、フリマよりはちょっとお高い?くらいで購入できました。
今思えば、あれがショーでもお得に買えた最後の時期だったのかもしれません。

それから1年以上経った頃のアンティーキング旅行で、もう一つの箱に出会いました。
同じアイテムで柄違いとかなら驚かないけれど、
柄もアイテムも箱も全く同じで、しかも何とお値段まで一緒だったのは衝撃で
仲間に会うために、ここで私を待っていたとしか思えませんでした(笑)

しかし、この子がお家へやって来るまでには紆余曲折ありまして。
旅行を終え、家に着いて荷物を運んでいる時、
買ったはずのこの箱が車の中にないことに気付いたのです!!

買ったのは数日前のこと、その後何件も寄っているので記憶は曖昧で
車に積み込んだのかさえ覚えていませんでしたが、
どう考えても、お会計の後に受け取り忘れたとしか思えませんでした。
(そのお店では他にもたくさん買ったので、
 一つ忘れたくらいでは気がつかなかったのですね〜苦笑)

お店は、簡単に行くことはできない遠くの州。
調べてみると、お店にHPはなく、直接電話するしかありません。
顔が見えず、意思疎通を図りにくい電話は苦手でしたが、
そうも言っていられないので頑張って電話し、一息に用件を伝えました。

するとすぐに「あ〜ここにあるわよ」と分かってくれたので、ホッと一安心!!
無事郵送してもらえることになり、そこからはトラブルもなく手元に届いたのでした。
この箱のまま、ポーンと送られて来たのにはビックリしましたが・・・

そんな訳で、一層思い入れのあるこの子たち。
実は、この2つにはまだ共通点がありまして。

なんと、2箱とも未使用どころか、未開封なのです!!

2013-03-05_1320_edited-1.jpg

私が出会った未開封の箱は、後にも先にもこの2つだけなのに
それが全く同じアイテムであったのには、不思議な縁を感じずにはいられません。

そして、せっかくこんな貴重な状態で見付かったので
何だかこのまま後世に残したいような、妙な使命感に駆られてしまい
未だ開けるきっかけをつかめずにいます・・・。

大量生産の庶民の食器なので、きっとまだまだこんな風に
たくさん残っているのだとは思いますが・・・。

中身は、深さ違いの3つの蓋付きキャセロール。
この器のままオーブンなどで調理し、食卓へ出し、
残ったら蓋をして保存できますよ♪というのが売りの便利なセットです。

2013-03-05_1294_edited-1.jpg

しかしこのアイテム、側面に
「COVERED BOWLS」と書いてあることに気付き、今さらビックリ。
これは、ボウルの一種だったのですね!!?(驚)

明るい黄色のバタフライゴールドは大好きなパターンなので、
いつか思い切りが付いたら、古き良き時代を思いながら箱を開け
使ってみたいなと思います!!


いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| オールドパイレックスetcその他アンティーク・ヴィンテージ雑貨の話 | COM(12) | TB(0) |
2012-11-28 (Wed)
少し前のことになりますが、ある朝、私がダイニングで何かをしていた時
突然背後のリビングから、ピシッ!!と
何か堅い物がガラスにぶつかったような音が聞こえました。

どんぐりでも飛んで来て窓に当たったのかな?
いやいやまさか、この辺にどんぐりの木はないし・・・
むしろその音は、窓の内側で起こったのではと思うほど大きくはっきりしていた・・・
色々悪い想像をしながら、怖々出窓のミルクガラスコーナーへ近付いてみました。



一つひとつ順番にチェックし、左端の三段トレイの所まで行った時。
今度はそれは、なんと私の目の前で起こりました。
もう一度さっきと同じ、ピシッ!!と鋭い音!!

DSC_0001-003_20121128112836.jpg

あぁそういうことですか・・・
さっきは中心から一方の亀裂ができた音で、今度はその対角が同じように割れたのです。

DSC_0029-001_20121128112835.jpg

ヘーゼルアトラスのリップルシリーズは、可愛いと思いながら
どうもFKの方が好きだなぁ・・・と集めなかったのですが、
この三段トレイは、写真で見た時から何て優雅なの!!と心奪われ、
いつか見付けられたらいいなと思っていました。

DSC_0018-003_20121128112835.jpg

ずっとそのチャンスは来ず、帰国間際でようやく巡り逢えた時には
「こんな所で私を待っていたのね!!」って、
飛び上がるほど嬉しかったのを覚えています。

解体して大切に持ち帰ったのですが・・・
組み立てた時、きっと私がネジをギュウギュウ締めすぎてしまったのでしょうね(泣)

それにこれは、元々プレートやボウルとして作られたものを
中心に穴を開け、加工してこのように組み立てたものだと思うので、
穴を開けられた時点で、少なからずガラスに負担がかかっていたのかもしれません。
そこへ、上下からの圧力が加えられ続け、
ある時耐え切れずに、とうとう悲鳴を上げたのですね・・・気付かずにごめんね。

DSC_0030-001_20121128112835.jpg

何分古いものですからね。
せめて、「その時」を、私が目の前にいる時に迎えたことが救いでした。
原因も分からず、いつの間にか割れていたのを発見するのは
もっともっと悲しいですから。

もう使えなくなってしまったこの子を、どうしようか思案中です。
もしもこの先、このサイズのプレートと出会うことができて
(一番大きいレアサイズらしいですが)
ガラスを加工してくれる所が見付かったら、元の姿を取り戻せるかもしれません。

そんな日が来るかもしれない希望を持ちながら、
とりあえずはディスプレイとして置いておこうかな。

ということで、このタイプのトレイをお持ちのみなさま、
どうぞネジの締めすぎには、くれぐれもご注意くださいね!!


いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| オールドパイレックスetcその他アンティーク・ヴィンテージ雑貨の話 | COM(6) | TB(0) |
2012-09-04 (Tue)
DSC_0052_20120903184831.jpg

まだまだ猛暑の続く本日は、涼しげなクリアガラスがキラキラ可愛い
ヘーゼルアトラス・ジェロモールドのお話です!!

先日のアンティーキング旅行で連れ帰って来たのは、クリスタルのもの。
やっぱり何にでも合う色なので、欲しいと思っていたんですよね。

DSC_0015_20120903184931.jpg

このアイテムは、コレクターズガイドには「JELL-O MOLD」と書いてありますが、
ゼリー型というよりは、ゼリーの形をしたカップ、ということなのでしょう。
(試しにゼリー液を流してみたけれど、内側にぽこぽこ模様があるため
 きれいに外れなかった・・・という経験アリ!苦笑)

底には、HAの刻印があります。ないものもあるそう。

DSC_0008_20120903184931.jpg

色付きのものは、さらにゼリーっぽくて可愛い!
これは、1930年に「JELL-O」からライムフレイバーが新発売になった時の
プレミアムアイテムだったそうです。

私がアメリカにいた時は、なぜかこのグリーンの方がよく出会いがありました。
ディプレッショングラスとして扱われ、グラスショー等でよく飾られていましたが
その分お値段もそれなりになってしまうので、お手頃のものを探すのは大変だったな。

DSC_0025_20120903184931.jpg

日光に照らされると蛍光色に光るので、ウランガラスなのでしょう。きれい☆

DSC_0034_20120903184832.jpg

このジェロモールドで一つ不思議なのが、この刻印。
私が持っているグリーンのいくつかがこれなのですが・・・Hの上に点があるのです。
これは一体、何???

DSC_0029_20120903184832.jpg

ヘーゼルアトラスの刻印はあまり詳しい情報がなく、
アメリカの本にも刻印については説明がないので、全くもって謎の存在です。

そしてもう一つの謎が、このピンクの存在!!

DSC_0037_20120903184831.jpg

これは本には載っておらず、刻印もありません。
でもこの形、あまりに似ていませんか??
(ちなみに、グリーンとクリスタルは模様が微妙に違いますが、
 これは何種類かあるのだそう)

DSC_0041_20120903184831.jpg

ただ、ピンクは他の2色と比べて、少し大きさが大きいんです。厚みも違いますね~。

DSC_0042_20120903184831.jpg

だからきっと、ヘーゼルアトラスのジェロモールドとは別物なのだとは思うのですが・・
でも、ピンクのクリアガラスがあまりにゼリーっぽく可愛いので、
親戚ということにして仲間に入れています♪

DSC_0004_20120903184931.jpg

近い将来、本当のアンティークになるこの子たち。
レトロで、昔のおやつを思い起こさせるような・・・
そんな古きよき時代のノスタルジックな雰囲気を醸し出す姿を見ていると、
私が何としても大事に後世に受け継がなくては!!という
妙な使命感に駆られてしまうのです(笑)。


いつも、ご訪問、応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| オールドパイレックスetcその他アンティーク・ヴィンテージ雑貨の話 | COM(6) | TB(0) |
2012-07-17 (Tue)
田舎のフリマで衝撃の出会いを果たしたオスタライザーのブレンダー。

元々は大きなガラスジャーが付いていますが、
少量の調理に使うための、小さなコンテナが別に作られていたようです。
このコロンとしたミニコンテナが、可愛くて大好きで!

DSC_0037_20120714195736.jpg

右の二つは本体がプラスティック製ですが、左のはガラス製です。
ガラスの方がやっぱり味わいがあって可愛くて、汚れも落ちやすいので
いつもこちらを使ってしまいます。

そう、このミニコンテナ、可愛いだけじゃなくその上とっても便利なのです。

例えば、棒々鶏のごまだれを作る時。
材料を全てコンテナに入れて・・・

DSC_0043-001_20120714195736.jpg

元々のガラスジャーに付いている刃の部分を、蓋をかぶせるように付けます。

DSC_0044-001_20120714195735.jpg

それを、ガラスジャーの時と同じようにブレンダーにセットして
ガーッとまわします。
始めにアンティークショップで見付けた時は、ただのコンテナだと思ったのですが
こうして蓋が同じ大きさで本体にセットして使えるようになっていると知った時は
ちょっとした衝撃でした。

DSC_0045-001.jpg

あっという間に、ごまだれの出来上がり♪
ちなみに、ブレンダーにあるたくさんの用途のボタン、
正直違いがよく分かりません(笑)
ちょっとパワーが違うかな?くらいな気がするので
何となく合いそうなボタンを適当に選んで使っています。

DSC_0047.jpg

そして、このまま蓋をして保管しておけるので、
わざわざ別の容器に移す手間もなく、本当に便利♪

DSC_0049_20120714195753.jpg

冷やしておいて、食べる直前、棒々鶏に♪
なめらか~にしっかり混ざっています!!

DSC_0001-001_20120714195736.jpg

他にも、ドレッシングやジェノベーゼペーストを作る時など、大活躍!

使えるヴィンテージ雑貨、しかも可愛いって素晴らしい!とつくづく感じさせてくれる、
お気に入りの優秀アイテムです♪


いつも、ご訪問、応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| オールドパイレックスetcその他アンティーク・ヴィンテージ雑貨の話 | COM(10) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。