>
05 << 2017/06 >> 07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-03-14 (Thu)
2年前の帰国時に船便で送ったダンボール箱のいくつかは、
未だにそのまま2階のクローゼットに放置されています。

中身は、集めていたアメリカンヴィンテージ食器。
飾る場所があれば全部出して飾り、普段使いしたいと思うのですが
日本の家ではなかなかそれも実現せず、悩ましいところです。

時々その箱を開けて、必要なものを取り出します。
先日のアロマティカスを植えたジャンクマグも、ここから発掘して来ました。



こうなること(しばらくダンボール収納になること)を想定していたので、
梱包した時に、箱の中の全てのマス目にそこに何が入っているかを書いておきました。
なので、蓋を開ければ一目瞭然。
食器を包んだ紙の一つひとつにも、中身が書いてあります。

これを梱包するのは、ほんっと〜〜うに大変でした。(全て自分で梱包!)
あまりの大変さにしばしば呆然とし、
今割れたらもう包まなくて済むのに・・なんて考えが思わず頭をよぎったほど。

そんな苦労も、今となっては食器たちへの一層の愛おしさにつながっています☆

さて、ジャンクマグを出したついでに、普段使いするマグもいくつか出しました。
今回はこちら。
アメリカではよく使っていたので、2年ぶりの再会はとっても懐かしい気分です。

2013-03-13_1497_edited-1.jpg

こんなカラーマグも、状態の良いものを見付けるといくつか集めていました。

こういう塗料を吹き飛ばしたようなスプラッシュ模様は、
なぜこんなデザインを作ろうという発想になったのか、とっても不思議です。
誤って塗料が飛んでしまった時、その模様がきれいだったから・・・
な〜んていう偶然の産物なのでしょうか?
謎なだけに、気になってしまう存在。

2013-03-13_1502_edited-1.jpg

こちらのリブボトムのスタッキングマグはグラニットと呼ばれ
花崗岩(御影石)を表しているようですが、
私には無数の星を散りばめた銀河のように見え、結構好きな模様です♪

2013-03-13_1508_edited-1.jpg

コンコードマグの独特の形も大好き。

2013-03-13_1536_edited-1.jpg

コンコードとは、カリフォルニア中部の都市の名前が由来だそうですが、
その街とどう関係があるのかが、いくら調べても分かりませんでした。
もしもご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください!!

コンコードマグと言えば、このボトム。
この形から「スカロップ(ホタテ)ボトム」「スカロップマグ」
と呼ばれることもあるそう。
ホタテより、むしろお花のような気もしますが・・・

2013-03-13_1544_edited-1.jpg

ぽこぽことした足が、今にもほにょほにょっと歩き出しそうで
何かのゆるキャラのようにも見えて来て、思わず頬が緩んでしまいます♪

2013-03-13_1607_edited-1.jpg

こうして見ると、マグのボトムがこんな形だなんて、やっぱりお洒落だな。

2013-03-13_1584_edited-1.jpg

2013-03-13_1572_edited-1.jpg

パーツ撮り楽しい(笑)
以上、マニア向け画像でした。

ポップなスプラッシュ模様も、お茶を淹れると意外とエレガント?!

2013-03-13_1623_edited-1.jpg

まだダンボール箱で出番を待ち続ける子たちも、こうして時々取り出して
集めた当時を思い出しながら大切に使いたいな〜と思います♪


いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| ファイヤーキングの話 | COM(10) | TB(0) |
2013-02-06 (Wed)
前回はジェダイの写真ばかりだったので、今度はそれ以外のものを撮ってみました。

ファイヤーキングの中で私が一番好きなのはジェダイですが、
他のカラーも、もちろんとっても素敵。
完全に自己満足な世界なのですが(苦笑)
もしも、大好きな食器をうっとりと眺める楽しさを共感して
一緒に楽しんでくださる方がいらっしゃれば、とても嬉しいです♪


ぽてっと可愛いハンドルが大好きな、ホワイトのフレンチキャセロール。



ジェダイの次に好きなアイボリーの、テーブルサーバーとキャセロール。
初期独特の濃厚なダークアイボリーが、ミルキーみたいで可愛い!

2013-02-06_0595_edited-1_20130206204949.jpg

2013-02-06_0592_edited-1_20130206204948.jpg

その辺にあった、夫のアドマグ。

2013-02-06_0561_edited-1.jpg

南アフリカのダイヤモンドの産地名が付けられた、キンバリーマグ。
ダイヤ模様の凹凸がキラキラ輝いて見えるのは、アンバーならでは。

2013-02-06_0582_edited-1.jpg

2013-02-06_0584_edited-1.jpg

爽やかな水色が清々しい、ターコイズブルーのカップ&ソーサーたち。

2013-02-06_0542_edited-1.jpg

アレ?意外と少なかったかな。
今度は、ファイヤーキング以外のコレクションも撮ってみようと思います♪


今週末のリビングフォトレッスンで、自分で作ったポストカードを提出するので
最近のお気に入りをいくつかプリントしてみました。

2013-02-05_0535.jpg

紙になると、また違った風合いで素敵に見える気がして
すっごく楽し〜い!!って、一人怪しく小躍りしています(笑)
技術的にはまだまだですが、パンと一緒で、楽しく撮ることを大切にしたいな。

次回のレッスンは最終回なので、ちょっと寂しいですが
楽しみに出かけたいと思います♪


いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| ファイヤーキングの話 | COM(14) | TB(0) |
2013-01-25 (Fri)
そもそも私がリビングフォトを習いたいと思った理由のひとつは、
ファイヤーキングのミルクガラスを美しく撮りたいと思ったことでした。

陶磁器と違って半透明のミルクガラスは、光の加減によって様々な写り方をするので
その魅力が伝わるように撮るのはとても難しいと感じています。
色合いも、パソコンに取り込んだり、プリントしたりすると微妙に変わり
気付けば実物とかなり違う感じになってガッカリということも多々。
(ネットショップをされている方、大変でしょうね・・・)
とにかく、練習あるのみでしょうか。

今月のレッスンでは、写真を加工してポストカードを作る方法を習ったので
早速、練習がてらいろいろ撮って遊んでみました♪



2013-01-17_0010_edited-1.jpg

2013 01 17_0005_edited-2

DSC_0068.jpg

DSC_0095_edited-1.jpg

DSC_0055_20130124191644.jpg

DSC_0061_edited-1.jpg

DSC_0104_edited-1.jpg

同じガラスでも、優しかったり、力強かったり、鋭かったり、柔らかかったり。
自分が「これはこういう雰囲気で撮りたい」と思うような撮り方ができるまで
ひたすら練習なのだろうなと思います。

写真も、思いを表現する芸術なのだなぁ〜ということが
朧げながら感じられるようになりました。

それにしても、加工ソフト「Photoshop Elements」で編集していると
いろんな機能があって面白くて、あっという間に時間が過ぎます。
目の疲れと家事への支障が出ない程度に(笑)これからも練習しようと思います♪

素敵な週末を!!


いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| ファイヤーキングの話 | COM(10) | TB(0) |
2012-11-22 (Thu)
white_20121122111358.jpg

ファイヤーキングの食器は、
ジェダイやターコイズのものが人気で価値があり、お値段も高騰、
対してホワイトはお手頃のものが多い傾向にありますが、
レストランウェアシリーズに関しては、それは当てはまらないようです。

1950年代前後、レストランや教会、学校などで使うために作られた
厚手で丈夫なレストランウェアは、圧倒的にジェダイのものが多く、
ホワイトはあまり作られませんでした。
そのため、今では希少価値があるとして、
ホワイトとしては例外的に高値で取引されています。

しかし、アメリカでアンティークに関わる方でも、
その事実を知らない人も少なくありません。
私が白いレストランウェアを迎えるチャンスに恵まれたのも、
そんなパターンからでした。


当時住んでいた家の近くには、いくつかアンティークショップがありましたが
私たちが探しているファイヤーキング等はあまり置いていなかったので、
お店に立ち寄ることはほとんどありませんでした。

ところがある日、何かの用事を済ませて「これからどうする?」という時
たまたまその時いた場所から近くにあった、
あるアンティークショップのことを思い出しました。
なぜだかその日は無性にそのお店が気になり、久しぶりに覗いてみることに。

すると・・・扉を開けて小ぢんまりとした店内をひと目見て、ビックリ仰天。
レジカウンターの傍らに積まれた、白いレストランウェア軍団が
目に飛び込んで来たのです!!
サラダプレートと、エキストラヘビーカップ&ソーサー!!!

DSC_0138.jpg

何てことでしょう!
これから陳列されますよ風に置いてあるその子たちを恐る恐る手に取ると、
レジで電話をしていた店主のお姉さんが必死の形相で
「それはまだ売り物じゃないのよ!今、値段を確認しているところなの!!」
と叫びました。

どうやらそれは入荷したばかりで、持ち込んだ方とお値段を話し合っているようでした。

せっかく見付けたお宝を逃すまいと、お姉さんの動きを目で追いつつ、店内をぐるぐる。
電話を切ったお姉さん、今度は慌ててパソコンに向かい、何やら必死に調べています。

しばらくして、お値段決まったかな~と近付いてみますと・・・
お姉さん、しきりに「アンビリーバボー・・・」と首を振っています。
「この色はとても高いと聞いて、オークションサイトで調べてみたけれど、
 こんな値段で売買されているなんて!!!本当なのかしら?
 アンビリーバボーだわ・・・」

やはりお姉さんも、白はそれほど価値がないと思い込んでいたようで、
目の前のオークションの現実をすぐには受け入れがたい様子でした。

しかし横には、今すぐにでも欲しそうな人がずっと待っています。
一晩じっくり調べてから・・・というわけにはいかず、
今すぐ値段を決めなければいけません。

何だか申し訳なくなり、側を離れて別の所を見ていましたら、
少し経ってから、お姉さんからお声がかかりました。

わぁ~オークション並みで来るかな・・とドキドキしながら聞きに行くと、
これまたビックリ、何とも良心的なお値段を提示してくれたのです!!
やはり、確かな情報がないまま高く売ることはできないと思ったようでした。

急がせてしまって申し訳なかったけれど、出会いは一期一会ですからね!
あの時のお姉さんの良心に感謝して、大切に使いたいと思います♪

そしてあの日、たまたま寄ってみようと思い立った自分の嗅覚が、
今でも自分ながらすごいと思います(笑)

DSC_0180.jpg

ぽってりと厚みのあるカップは、やっぱりコーヒーが似合う♪

ホワイトだって可愛いのに、むしろジェダイより何にでも合わせやすくて便利なのに、
なぜジェダイの方が主流だったのかな。
つくづく、謎がいっぱいです。

レストランウェアは人気があって
ジェダイすらあまり見付からなくなって来ているけれど
またこんな風な出会いがあるかも知れないので、
それを楽しみにしていたいと思います!!


アメリカのみなさま、Happy Thanksgiving!!
日本のみなさま、素敵な連休を♪

今日も、ご訪問、応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| ファイヤーキングの話 | COM(10) | TB(0) |
2012-10-26 (Fri)


今まで登場したことがないのが不思議なくらいベーシックなアイテム、
ジェーンレイのカップ&ソーサー。
他の人気アイテムの影に潜みがちになっていますが、
スッキリとシンプルなフォルムが端正で、とても気に入っているものの一つです。

これは、私にとってのファーストジェダイでした♪
ファイヤーキングに興味を持ち始めたばかりの頃、
初めて行ったファイヤーキングがいっぱいあるお店で見付けた、思い出の品です。

なにしろまだ知識が全然なかったので、
そういえば、これはFKの代表的な色だったかな?
くらいのお試し感覚で買ったカップ&ソーサー、
お安かっただけに外側が少し汚れた状態でした。
でも、お家に帰って一生懸命磨いていくうちに段々と愛着が湧いて来て
きれいになった頃には、もう大好きになっていました♪

DSC_0043-001_20121025131119.jpg

ソーサーはつるつるのタイプ。
その頃は、同じソーサーでも裏面にビッシリ放射線模様が入ったものをよく見たのですが
うわっ気持ち悪!!と思ってしまい、敬遠してつるつるばかりを選んでいました。

しかし後になって本を見てみたら、模様入りの方がレアだと書いてあって、ちょっと後悔。
1枚くらい選んでおけばよかったかな。
アンティークショップ・ショーでも、
このカップ&ソーサーが1ケタでごろごろ見付かった時代でした。

アリスのカップに透けるものがあることは以前書きましたが(→
ジェーンレイにもあります。

201216.jpg

普通のものと比べてガラスに透明感があり、光にかざすと黄金色に輝いてきれいです。
色味や厚み、模様、刻印・・大量生産なのに一つひとつ個性がある所が愛しいですね~♪

このシリーズは熱心に集めたわけではなく、あまり揃っていないのですが
この昔の広告は大好き!!
これだけジェダイ尽くしのものは他になく、見るだけで嬉しくなってしまうので
キッチンにいつも飾っています♪

DSC_0002-004_20121026104005.jpg

8人分のフルセット53ピースで、お値段$6.95。
5-10-25セントショップ(!)やデパート、ハードウェアストアでバラでも買えるよ!とのこと。
1948年当時のことです。
そんなにお安く売っていた時代を、一度でいいから見てみたいなぁ。

ちなみに、ジェーンレイと呼ばれるシリーズ名は
後からコレクターさんが付けたそうなので、
(コレクターの女性の名前とか、放射線Rayにちなんだとか、諸説あるようですね)
広告には、ただの「Jade-ite Dinnerware」と書かれています。
後から愛称を付けられたなんて、よほど愛されたシリーズだったのでしょうね!


私が初めて出会ったジェダイ。
時々こうしてティータイムをともに過ごしては、ゆっくりとピュアな初心を思い出す
そんな、懐かしくて温かいアイテムです。

DSC_0072.jpg


今日も、ご訪問、応援ありがとうございます☆
素敵な週末を♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
| ファイヤーキングの話 | COM(10) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。